インビザラインの治療の際の痛みについて

歯並びやかみ合わせなどは見た目や食事の際など様々な支障となることが多いため、多くの人は歯の矯正治療受ける場合が多いです。一般的な治療方法となるのがワイヤーなどやブランケットを使用した方法が主流になっています。ですが新たな矯正治療としてインビザラインが注目を集めています。特徴として一番大きいのは通常の矯正治療でしようされるワイヤーやブランケットを使用しない点です。透明なマウスピースを装着することで矯正治療を行うので、痛みが殆どないのが特徴になります。矯正前にマウスピースを装着すると、多少なり違和感などを感じることはありまうが、ワイヤーなどに感じる痛みや口内炎ができるといったトラブルなども殆どないのも特徴です。インビザラインの治療の場合に歯の動かす移動量がとても小さいことから、痛みの軽減につながっている治療方法といえます。

インビザラインは取り外しが可能です

歯の矯正治療をイメージすると、ワイヤーやブランケットで歯を移動させる方法が多いです。ワイヤーなどの場合は一度装着すると自分自身では取り外すことができない点がありましたが、新しく歯の矯正治療の種類としてインビザラインの場合はマウスピース型を使用するため取り外しが可能な点が特徴となります。従来に使用しているワイヤーやブランケットは自分自身で取り外せず、長く装着していることでプラークなどが沈着してしまい歯の健康などに影響がありました。ですがインビザラインは透明なマウスピースタイプなので、治療中でも取り外しはいつでも可能です。またマウスピース自体は歯ブラシなどで簡単に洗う事もでき、常に綺麗な状態を他もす事がえきます。歯や歯周組織などに健康を害することも少なく、マウスピース自体が衛生的に使用できるのでとてもよい治療方法です。

インビザラインは好きな食事が可能

歯の矯正治療の場合、従来はワイヤーやブラケットを装着して少しずつ歯を動かして矯正を行います。見た目なども目立つため少なからず人目を気にする人もいます。また食事の時など、繊維のあるホウレンソウといった食事をする際は、食物の繊維がブランケットやワイヤーに挟まることも多くあります。またお正月に食べることが多いお餅なども、ブランケットなどにくっついてしまって取るのが大変なこともあり、矯正治療だとは分かっていてもやはりわずらわしいと感じてしまうことも多いです。ですが矯正治療のインビザラインの場合はマウスピース型を歯に取り付けるタイプになるため、食事の際に食べ物の種類などを気にせず食事ができるという点があります。また食事をした後取り外して掃除をすることも可能なので、わずらわしさが殆どなくとても快適に矯正治療を進めていける治療方法になります。